40代中年の筋トレによる筋肉痛 治ってから再開すべき?

さあーって!バッチリ筋トレやって40代でもモテbodyに変身してやるのさー!!
毎日やるのさー!って気合を入れ過ぎた結果、
次の日に筋肉痛になったという人いますよね、絶対に。

そしてこの筋肉痛、我慢して筋トレすべきか、もしくは治ってから再開すべきか?
どっちなの?って人も多いですよね、多分。

そこでこのページでは私の調査結果と
自分自身の経験による結論をお伝えしたいと思います。

筋肉痛が治ってから再開すべきの意見が圧倒的に多い

筋肉痛が起こっている時は、筋肉が炎症を起こしている時。

更には、筋肉は筋トレで一度破壊して、休息中に肥大化していくもの
という常識もあります。

なので、色々と調べてみると、
やはり筋肉痛の時にはトレーニングは休んだ方が良い、
という意見が圧倒的に多いんですよね。

確かに休息をせずに筋トレを続けるのは逆効果であると
多くの本にも書いてあります。

そういう意味では、
筋肉痛になったのなら症状が治まるまで
筋トレの再開はやめておいた方が良いのかもしれません。

自分の経験からも

ちなみに私自身の経験ですが、
もともとそれほど一気に無理して筋トレやるタイプではないので
あまり経験ないのですが、

ただし初めて腹筋ローラーをやってみた時、
この時だけは翌日、超筋肉痛になってしまいました。

腹筋ローラーって超効果あるという事を実感した時でもあり
毎日継続して実践する事を決意した日でもありました。

で翌日どうしたかというと、、、

痛すぎてやりたくてもできなかった です。

そう、、筋肉痛にも度合いがありますよね、
少し痛い~痛い~超痛い

少し痛いくらいだったら多分次の日もやったと思うのですが
私の場合、痛すぎてできなかった。

なので、数日休み、
若干痛みは残っていましたが、腹筋ローラーができる位の
痛みになってからトレーニングを再開しました。

その後は、腹筋ローラー何回やっても
筋肉痛にはなりません。

このような経験から、私個人的な結論を言えば
ひどい筋肉痛になってしまうと、やりたくてもできない、、

たぶん体がこれ以上やるなって言ってるんです。

そんな状態の時はやめた方が良いに決まってます。

でも、少し筋肉痛があるからっていうくらいの時は
回数を減らす等して筋トレやっても全然かまわないと思ってます。

なので自分の体と相談して
再開するのかどうかを判断するのが一番だと思います。


ジム通い不要!中年男のためのモテBodyプチ改造計画

そのぽっこりお腹がへこまない原因は?ガリガリで思うように筋肉が付かない原因は?
まずはその原因を知り、忙しくて時間のない40代中年男性でも簡単なトレーニングで結果を出す方法を継続して実践しましょう。

忙しくて面倒くさがり屋の40代中年男性がトレーニングを継続させるためには、時間をかけない事、効率的なトレーニング方法を知って実践する事、早い段階で自分でも実感できる位の結果を出す事。そのための知識と方法を約10回のメールマガジンでお伝えします!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です